20代から行っておいたほうがよい未来投資とは何か。長期投資を基本とする投資信託の運用・販売を行うコモンズ投信株式会社 代表の伊井哲朗氏に話を伺いました。

生きるための3つの力を高める

「お金」の話は、学校でも家庭でもあまり教えてくれませんが、これからの時代、人が生きていく上で重要な三種の神器のひとつだと伊井氏はいいます。その3つは「語学力、IT力、金融力」。

日本人の生涯賃金は「約2億円」といわれますが、この2億円を増やすのも、減らすのも、自分次第。自分の「未来」に投資するかどうかで大きく変わります。自分のスキルを高めることや人とのつながりを広げるとともに「意思を持ってお金を使う」ということを、若い時期に意識しておくことが大切です。

イマドキの消費

お金は殖やすのが目的なのではなく、目的を実現するための「手段」です。「何かを実現するため」「何かに備えるため」には欠かせません。この本質は変わりませんが、以前と今では消費者の意識や行動が次のように変わってきています。

・自分を飾るより、自分を賢くするためにお金を使う
・ただ安く買うより、地域が潤うようにお金を使う
・ものを手にいれるより、絆を強めるためにお金を使う
・有名企業でなくても、信頼できる企業から買う
・消費するだけでなく、自ら創造する人になる
(出所:スペンド・シフト ― <希望>をもたらす消費)

金融の使命は本来、お金を社会に循環させること。そして、循環させるためには意思を持ってお金を使うことが大切です。消費だけでなく、投資、貯蓄、寄付などを主体的に行う時代になりつつあります。

「資産運用」と「資産作り」の違い

20代で「投資」といわれると、「そんなお金はまだない」「あと10年して貯金がたまってからでいい」と思う人が大半です。その一方で、20代の誰もが「自分の年金はもらえるのか?」「子育ての資金はどのように準備をすればよいのか?」という漠然とした不安を抱えています。

今、投資に関する若い人の行動は二極化していると伊井氏。本やセミナーなどで勉強して資産づくりをはじめている人と、何もせずに不安なままずっと過ごす人に分かれているのです。

投資というとすぐ思い浮かぶ「資産運用」は、すでに資産のあるシニア層が主に行っています。彼らは銀行や証券会社に行き、まとまったお金で金融商品を一括購入または売買します。

しかし、若い世代は「資産づくり」が先決です。例えば、毎月3万円を2種類の投資信託に分散して投資する、というのが30代前後で比較的多い資産づくりのケースです。

さらに、伊井氏が薦めるのは小額での株式投資や投資信託への投資。小さな失敗や成功を重ねていき、慣れてきたら、徐々に金額を大きくしていく。これがうまく長期投資へつなげていくコツだからです。

生きるたの金融力を養い、先延ばしせず今からできる「資産づくり」をすることの重要性について紹介いただきました。後編はキャリアデザインにも役立つ投資、保険・寄付について紹介します。

(聞き手・文 小林利恵子)

プロフィール

伊井 哲朗 コモンズ投信株式会社 代表取締役社長&CIO
若い世代が手軽に長期で資産形成できる金融商品を提供したいとコモンズ投信を立ち上げる。大学卒業後、山一證券で営業企画部に約10年間在籍し、マーケティングなど担当。その後、機関投資家向け債券営業。メリルリンチ日本証券、三菱UFJメリルリンチPB証券で法人・個人向け営業を約10年。コモンズ投信創業と共に現職。2012年7月からCIO兼務。
http://www.commons30.jp/

画像: プロフィール

This article is a sponsored article by
''.