話題の著書『二枚目の名刺 未来を変える働き方』で、これからの働き方について新しい提言をされた一橋大学 教授 米倉誠一郎氏。ビジネスマンの心構えとして今、改めて何を自分に問い直し、見直すべきか、将来を見据えてどのようなスタンスを持つべきか、お話をうかがった。

不退転の決意なしに、挑戦できる環境が整ってきた

― 「二枚目の名刺」を持とうという提言をなさいました。ローテーションで万能型の人材を育てようとする企業で働く人たちに、大きな意識改革を促す刺激的な提言だったと思います。

もう20~30年くらい、ベンチャーが大事だということを僕は言い続けてきて、やっとベンチャーもやや認知を受けるようになった。ただし、その間いつも様々なところから出てきた反論というのが、「いや、やはり日本は大企業こそ経営資源を蓄積しているのであって、それを活性化させなければ」ということでした。

しかし、大企業における社内ベンチャーがどうだったかというと、成功した例はほとんどないと言ってもいい。つまり不退転の決意なしに、ある種の生ぬるい環境では難しいということかもしれない、と僕は思っていました。

しかし、不退転の決意なしでも色々な挑戦が出来る環境がととのってきた。これまで長い間、大企業で働くということは朝7時に家を出て夜は11時に会社を出るというような生活だったわけです。時間の余裕などない。多少は余裕のある夜や土日に連携したくても、インターネットもメールもなかった。

ところが、今やメールで複雑なデータも送れるし、例えば3Dプリンタの登場で、形状を目の前で見ながら話すこともできるようになった。おお!やっと資源の有効活用に技術が追い付いてきたな、ということを感じています。今こそ、蓄積された経営資源を自由に使える時代だと。

人口減少の時代は一人で二人分働けばいい

― なるほど。技術が状況に追いついて、様々な働き方ができる可能性が広がったと言い替えることもできそうですね。

そうですね。ただここで忘れてはいけないのが、日本はこれから人口減少に向かうということ。これに、なんとか歯止めをかけなければいけない。政府も、2050年に人口が1億人を切るといわれている状況をなんとしても防ぎたい。でも、人口減少に対して、たとえ急ブレーキを踏んでも効いてくるのは20年後、30年後。その間、日本は伸びていくことができるのか。間に合わないぞ、という問題です。

間に合わないというのならば、じゃあ、どうするのか。
人口が減るというなら、すでに存在している人材が一人で二人分働けばいい。そうすれば伸びていくことができるんだ、という風にパラダイムチェンジすればいいのです。

今後は、様々な人材を「多重活用」することを考えていきたいわけです。今、そういう時期にあると思います。

ホワイトカラーもブルーカラーもナレッジワーカーへ

― 働く側としては、そこでいかに活用される人材として存在できるか、ということが、ますます重要になってくるわけですね。

そうですね。実は、ここで問題になるのは、一人ひとりに「はたして今、本当に経営資源が蓄積されているといえるのだろうか?」ということなのですね(笑)。

今の学生たちを見ていると、彼らがしているのは「就職」ではなくて「就社」。
例えば、自分は伊藤忠商事に入りたいと。なぜ?と聞けば、有名な企業だからです、と。これではダメですね。

そうではなくて、例えばこの企業で貿易業務に関するプロフェッショナルになりたいんですということならば、そのためには為替の知識も必要だし国際法の貿易取引についての法律の知識も必要。仕事を通してそうした知識を貪欲に取り込んで経験を積んでいく生き方をするなら「就社」じゃなくて「就職」ということになるのです。

こういう生き方をするなら、たとえその企業がダメになっても、あるいは自分の目指すものと異なる方向に会社が進んでいったとしても、それならば他の企業に行こうという選択肢が出てきます。
つまり、給料が良いからというのではなく、自分のプロフェッショナルとしての蓄積を生かせる所に移ろうという転職が、ここから始まるわけです。

このように考えると、今ほど、自分の中に経営資源を蓄積していく生き方が大事になってきた時代はない、といえますね。

しかも、それはブルーカラーであってもホワイトカラーであっても同じです。

― 仕事の現場のどんな所にいてもナレッジワーカーでなくては、ということですね。

先日、ハンガリーに行った際、ある日本の自動車メーカーの工場を見ていて感じたのは、ラインで働く人々も、与えられた仕事を単純にこなすだけでは仕事がなくなるということ。例えばビッグデータの活用と技術の発達に基づいて、今後ますます生産ラインの仕組みも高度に進化していくでしょう。それに伴う新しい体制作りが必要になってくる。現場のラインの力も向上していかなければ、それも実現できないということになる。

― 日本ではもともと大企業を中心に、ブルーワーカーに対するQC活動が始まり、広く行われてきました。欧米の場合は仕組みとマニュアル、機械の導入でワーカーの生産性を高めようとしてきたわけですが、今のお話をうかがうと急激に変わってきているのですね。

全職種の人々が、それぞれの現場でプロフェッショナルとして新たな付加価値を高めながら、ナレッジワーカーになっていくことが求められているのです。

******

今という時代を俯瞰しつつ、個々のワーカーが「経営資源」を自らプロフェッショナルとして蓄積していくことの重要性を語っていただいた第1回目。次回は、そうした「個」が生かされる企業のあり方について、チームのあり方についてお聞きする。

画像: 米倉誠一郎 一橋大学 イノベーション研究センター 教授

米倉誠一郎 一橋大学 イノベーション研究センター 教授

プロフィール

米倉誠一郎(よねくら・せいいちろう) 一橋大学 イノベーション研究センター 教授

1953年、東京生まれ。一橋大学社会学部、経済学部卒業。同大学大学院社会学研究科修士課程修了。ハーバード大学歴史学博士号取得(PhD.)。95年一橋大学商学部産業経営研究所教授、97年より同大学イノベーション研究センター教授。2012年〜2014年、プレトリア大学GIBS日本研究センター所長を兼務。また、Japan- Somaliland Ope University 学長のほか、六本木アカデミーヒルズの「日本元気塾」塾長を務める。『創発的破壊未来をつくるイノベーション』『脱カリスマ時代のリーダー論』『経営革命の構造』『2枚目の名刺 未来を変える働き方』など多数の著書がある。

This article is a sponsored article by
''.