画像: 成功するナレッジワーカーの3つの条件

このメディアの立ち上げに際して、生き生きと活躍する成功者に出会う機会が増えた。専門領域は異なっていても、ある種の要素(あるいはレイヤーの様なもの)を共通で持っている。ナレッジワーカーの成功の条件とも言えるこの要素は、特に以下の3点に集約される。

自らの人生を引き受ける

まず1つは自分の人生を自らが引き受けている覚悟。

組織に所属するしないに関わらず、組織や他者に依存せずに、自らの意思とイメージで人生を歩んでゆくことブレがないこと。もちろんナレッジワーカーに限らず大切なことであるが、最も印象に残った共通項だった。

自らの選択や行動に責任を持つからこそ、日々の行動・振る舞いに方向性が生まれ、それが成果の獲得につながるのだろう。強い意思による持続性が、成功の条件になる。その裏側には“人生を自ら引き受ける”覚悟を持つことこそがその秘密なのである。

大量のインプットからスタートする

どの方も、社会人としてのスタートしてからの10年前後(年代にすれば20代)は、量的に豊富な実践を積んでいる。その中には失敗もあり、試行錯誤も多く含まれる。批判的にあまりならずに、徹底的にインプットしてみる、経験してみる。その中から、いかに自らの適性や問題意識に気づき、方向性を見いだせるかが、ナレッジワーカーとしてスタートを切れるかどうかの条件になっている。

もちろん、自らの道を見出してからも、彼らはインプット上手だ。ただ、時間も限られるのでその効率を高めるべく、それぞれ工夫を凝らしている。共通するのは、自らの手法で受け入れた情報からの「直感的な気付き」を大切にしている点である。

アウトプット至上主義

普通の人と優秀なナレッジワーカーの最も異なるのが、この点かもしれない。いずれもアウトプットし続けることに特別なこだわりを持つ。ブログやSNSを継続されることに高いプライオリティを置いている。出版も重要なアウトプットであり、取材した多くの方が著書を持つ。また出版については2〜3年先にはこんな本を出版する、という目標を持ち、そのビジョンに導かれる様に行動し、それを実現されていた。

とにかくアウトプットしつづけることにこだわること。すぐに出来ないことに対しては何時、どんなアウトプットするかのイメージを持つことが、結果的に大きな差を生むことだけは確かな様だ。

This article is a sponsored article by
''.