画像: ロジカルシンキングを鍛える論理思考パズル「天使と悪魔」

論理思考を量る方法のひとつに、「論理パズル」。今回は「天使と悪魔」という論理パズルを紹介します。

問題】

「嘘をつかない天使」、「嘘をつく悪魔」、「気分で嘘をつく人間」がいます。
しかし、外見からは誰が誰だかわかりません。
この3人をA、B、Cとします。

Aは「私は天使ではない」といい、
Bは「私は悪魔ではない」、
Cは「私は人間ではない」と話しました。

ABC、それぞれが何者かを答えてください。

回答

まずAに着目します。
Aは天使でないことがわかります。なぜなら、Aが天使だと仮定すると、「私は天使ではない」と言うAは嘘をついていることになり、天使の条件に反するためです。

また、Aが悪魔だと仮定します。悪魔は常に嘘をつくわけですから「天使ではない」という台詞は真実になってしまい、悪魔の条件に合いません。

従って、Aは消去法で、天使でも悪魔でもない「人間」ということになります。

次に、Cを見ていきます。
もし、Cが悪魔だと仮定すると「人間ではない」という発言は真実ということになります。このことから、Cは悪魔の条件に該当しないため、Cは悪魔ではないことが分かります。

そうなるとCは人間か天使のどちらかです。しかし、Aが「人間」でしたから、Cは「天使」なので、残ったBが「悪魔」です。

Bの発言を見直してみると、「私は悪魔ではない」と言って、嘘をついています。

This article is a sponsored article by
''.