西脇資哲氏
日本マイクロソフト
業務執行役員 エバンジェリスト

画像: opinion:西脇資哲「エンジニアの新たなロールモデルを自ら創る」第1回

西脇資哲氏は、日本マイクロソト初の業務執行役員でエバンジェリスト(伝道師)。マイクロソフトの全製品・サービスをわかりやすく伝える役割を担う。同氏の卓越したプレゼンテーション能力は、IT業界の枠を越えて多方面から高く評価され、これまでにも幾多の講演・講義をこなしてきた。

果たして、西脇氏は、どのようにして今の自分を築いてきたのか。3回の連載インタビューを通じて、そのサクセスストーリーと背後にある想いに迫る。

すべてのエンジニアが
ビル・ゲイツを目指さなくたっていい

ー 2014年に日本マイクロソフトの役員(業務執行役員)に就任されました。それによって、何か変化はありましたか。

1つは、講演するセミナーの規模です。以前は、小規模な勉強会やセミナーでもお声をかけていただくケースが少なくなかったのですが、最近呼ばれるセミナーは大規模なものが中心。おかげで、時間的な余裕が多少生まれたのですが、小規模な集まりは、最先端の動きをつかむうえでとても良い機会でした。それが減ったのは少し残念です。

もう1つの変化は、仕事でお会いする方の職位が高くなったことです。現在、お客様やパートナー先にお邪魔すると、役員以上の方にご対応いただくことがほとんどです。背後には、相手の職位に応対者のレベルを合わせようとする日本特有の商習慣があるのでしょうが、私にとっては、とてもありがたいことです。

ー  エバンジェリスト専任の役員というのは、日本マイクロソフト初の職位だとお聞きしています。そのキャリア形成について、ご自身ではどう評価されていますか。

従来型のロールモデルの枠組みを超越した、エンジニアの新しいキャリアを切り開いてきたと自負しています。

もちろん、「エンジニアの出世コース」なるものは、以前から存在していました。例えば、プログラマーからスタートして、システムエンジニア(SE)になり、のちにシステムコンサルタント、プリセールスエンジニアへとステップアップしていく、といった流れです。この種の出世コースは、個人的にまったく納得のゆくものではなかったんです。

ー どの辺りが受け入れがたかったのですか。

知識・キャリアの非連続性です。従来型の出世コースを辿ろうとすると、ある段階で、エンジニアとして積み上げてきた知識・経験を捨て去らなければならなくなります。もう少し具体的に言えば、せっかく技術を勉強してきたのに、出世の途中で、いきなり組織・人のマネジメントの勉強を強いられるわけです。
これでは、私のようにマネジメントに興味がなく、ひたすら技術だけを追い求めていたいエンジニアは、出世の道を諦めるしかありません。

ですが、すべてのエンジニアが、アップルのスティーブ・ジョブズやマイクロソフトのビル・ゲイツを目指さなくてもいいはずです。彼らのような経営者になることだけが、エンジニアの最高到達点であるはずはないし、もっと違う未来があってもいい――。私はそう考えていたんです。

ー そうした想いが、エバンジェリストへとつながったと。

そう言えます。実のところ、大抵のエンジニアが、30代前半に最初の転機を迎えるんです。つまり、この時期になると昇進や昇格、異動に悩んだり、友人との給料に差が出てきたり、転職も考えるわけです、さらには、家族ができたり、社会的責任が重くなったり、して、ロールチェンジや立場をしっかりと意識するようになるわけです。

そんな時期に、私はあくまでもエンジニアとしての資質を活かすことにこだわった。つまり、エンジニアとしての知識を積み重ねながら、40代、50代、そして60代のリタイア後も一線で活用したいと考え、そのための働き方を追求してきたんです。その結果として、現在の自分があるということです。

私は今の職場で、エバンジェリストとプリセールス、そしてコンサルタントの役割を果たしています。その中で、エバンジェリストは技術的な知識が絶対に必要とされる職務です。それは、エンジニアの延長線上にあるもので、自分にとって、ごく自然にたどり着いたキャリアと言えるのです。

>第2回 良き経営者に恵まれたから今の自分がある

画像: エンジニアの新たなロールモデルを自ら創る 第2回 - ナレッジワーカーラボ

エンジニアの新たなロールモデルを自ら創る 第2回 - ナレッジワーカーラボ

執行役員までのぼりつめた日本マイクロソフトのエヴァンジェリスト 西脇資哲氏に、エンジニアとして追求してきたキャリアについて聞いたインタビュー
良き経営者に恵まれたから今の自分がある
—  西脇さんは、役員の肩書きをお持ちですが、直属の部下はなし。会社の役員としてはかなり異色ですね。
私もそう思いますよ(笑)。会社の役員なら、部下がいるのは当たり前で、人・組織のマネジメントにも携わっているのが普通です。ところが私の場合は、直属の部下はゼロ。かなり異色の役員に見えるはずです。ただし、お客様が私に期待しているのは、「マネジメントの西脇」ではなくて、「エンジニアの西脇」です。「どの技術が、どんなメリットをもたらすか」を分かりやすく伝えてほしいというのが、私に対するお客様の要求であり、期待なのです。
—  役員には、人材の育成という任務も背負わされると思うのですが。
それに関しては、私と一般的な役員と私は教育・育成の対象は変わらないと考えています。どの会社においても、役員は直属の部下しか教育しない、ということはありません、組織全体の人材育成に力を注ぎます。私の場合は会社組織全体はもちろん、IT業界全体の人材、あるいは、お客様/パートナーも対象になるということです。
— 西脇さんが目標にした方はいますか。
それは、いませんね。特定の個人や上司をロールモデルにすると、視野が狭くなるからです。とはいえ、30代後半にこう言われたことがあります。「西脇さんは、1つの会社のエバンジェリストではなく、業界全体のエバンジェリストになるべきだと思いますよ」と。この言葉は、エバンジェリストとしての今の方向性を決めるいいきっかけを与えてくれましたね。
— 確かに、現在の西脇さんは、IT業界はもとより、IT業界の枠を越えて、さまざまなフィールドで活躍されています。そこまで、幅広い分野で活躍できる能力をなぜ獲得することができたのですか。
最大の理由は、優秀な経営者に恵まれてきたからです。日本オラクルに在籍していたときは、佐野力氏と新宅正明氏が、日本マイクロソフトへ移ると樋口泰行氏が、私の上司。どの方も、私の活動に一定の自由度を持たせてくれましたし、私の主張や意見を柔軟に聞き入れてもくれました。それが活動の幅を広げる原動力になったと考えています。
また、エバンジェリストの醍醐味の1つは、彼らのような優秀な経営者を自分の思うように動かせることなんです。「上司の命令に従って、成果を出して認めてもらう」といった受け身のスタンスでは、エバンジェリストは務まりません。ですから逆に、経営者と厚い信頼関係を築くことが、エバンジェリストにとってとても大切になるんです。
— そうした経営者との信頼関係は、経営者や会社に相応のバリューをもたらさなければ、築くことはできませんよね。
そうだと思いますし、私にはそうしてきたという自負もあります。実際に必要であれば社長をミーティングや会食への同席などをお願いしたり、メディアに露出してもらうこともできます。そんなエバンジェリストの面白さに気づいたのは、30代後半のころでしたね。
エンジニアの新たなロールモデルを自ら創る 第1回 - ナレッジワーカーラボ
西脇資哲氏
日本マイクロソフト
業務執行役員 エバンジェリスト
西脇資哲氏は、日本マイクロソト初の業務執行役員でエバンジェリスト(伝道師)。マイクロソフトの全製品・サービスをわかりやすく伝える役割を担う。同氏の卓越したプレゼンテーション能力は、IT業界の枠を越えて多方面から高く評価され、これまでにも幾多の講演・講義をこなしてきた。
果たして、西脇氏は、どのようにして今の自分を築いてきたのか。3回の連載インタビューを通じて、そのサクセスストーリーと背後にある想いに迫る。
すべてのエンジニアが
ビル・ゲイツを目指さなくたっていい
ー 2014年に日本マイクロソフトの役員(業務執行役員)に就任されました。それによって、何か変化はありましたか。
1つは、講演するセミナーの規模です。以前は、小規模な勉強会やセミナーでもお声をかけていただくケースが少なくなかったのですが、最近呼ばれるセミナーは大規模なものが中心。おかげで、時間的な余裕が多少生まれたのですが、小規模な集まりは、最先端の動きをつかむうえでとても良い機会でした。それが減ったのは少し残念です。
もう1つの変化は、仕事でお会いする方の職位が高くなったことです。現在、お客様やパートナー先にお邪魔すると、役員以上の方にご対応いただくことがほとんどです。背後には、相手の職位に応対者のレベルを合わせようとする日本特有の商習慣があるのでしょうが、私にとっては、とてもありがたいことです。
ー  エバンジェリスト専任の役員というのは、日本マイクロソフト初の職位だとお聞きしています。そのキャリア形成について、ご自身ではどう評価されていますか。
従来型のロールモデルの枠組みを超越した、エンジニアの新しいキャリアを切り開いてきたと自負しています。
もちろん、「エンジニアの出世コース」なるものは、以前から存在していました。例えば、プログラマーからスタートして、システムエンジニア(SE)になり、のちにシステムコンサルタント、プリセールスエンジニアへとステップアップしていく、といった流れです。この種の出世コースは、個人的にまったく納得のゆくものではなかったんです。
ー どの辺りが受け入れがたかったのですか。
知識・キャリアの非連続性です。従来型の出世コースを辿ろうとすると、ある段階で、エンジニアとして積み上げてきた知識・経験を捨て去らなければならなくなります。もう少し具体的に言えば、せっかく技術を勉強してきたのに、出世の途中で、いきなり組織・人のマネジメントの勉強を強いられるわけです。
これでは、私のようにマネジメントに興味がなく、ひたすら技術だけを追い求めていたいエンジニアは、出世の道を諦めるしかありません。
ですが、すべてのエンジニアが、アップルのスティーブ・ジョブズやマイクロソフトのビル・ゲイツを目指さなくてもいいはずです。彼らのような経営者になることだけが、エンジニアの最高到達点であるはずはないし、もっと違う未来があってもいい――。私はそう考えていたんです。
ー そうした想いが、エバンジェリストへとつながったと。
そう言えます。実のところ、大抵のエンジニアが、30代前半に最初の転機を迎えるんです。つまり、この時期になると昇進や昇格、異動に悩んだり、友人との給料に差が出てきたり、転職も考えるわけです、さらには、家族ができたり、社会的責任が重くなったり、して、ロールチェンジや立場をしっかりと意識するようになるわけです。
そんな時期に、私はあくまでもエンジニアとしての資質を活かすことにこだわった。つまり、エンジニアとしての知識を積み重ねながら、40代、50代、そして60代のリタイア後も一線で活用したいと考え、そのための働き方を追求してきたんです。その結果として、現在の自分があるということです。
私は今の職場で、エバンジェリストとプリセールス、そしてコンサルタントの役割を果たしています。その中で、エバンジェリストは技術的な知識が絶対に必要とされる職務です。それは、エンジニアの延長線上にあるもので、自分にとって、ごく自然にたどり着いたキャリアと言えるのです。
>第2回 良き経営者に恵まれたから今の自分がある
【プロフィール】
西脇資哲(にしわき もとあき)日本マイクロソフト 業務執行役員 エヴァンジェリスト
1969年8月18日生まれ、岐阜県出身。業務アプリケーションソフト開発業務、ISPの立ち上げなどを経験した後、日本オラクルに入社。プロダクトマーケティング業務やエバンジェリストを担当。12年間在籍した後、2009年12月にマイクロソフトへ移籍しエヴァンジェリストへ。テクノロジーやプレゼンテーションの講演・執筆にも精力的な活動を展開。マイクロソフトだけでなく、さまざまなテクノロジーに精通する。著書に「エバンジェリスト養成講座 究極のプレゼンハック100」(翔泳社)「エバンジェリストの仕事術 自分の価値を高め、市場で勝ち抜く」(日本実業出版社)
www.kwlabo.com
エンジニアの新たなロールモデルを自ら作る 第3回 - ナレッジワーカーラボ
自腹を切って学んでいますか?
— 西脇さんのように経営者の参謀のような立場や、業界のインフルエンサーを目指すとすれば、まず何から始めるべきでしょうか。
とにかく勉強に励むことです。特に、若い人ほど自己投資をすることが大切で、自腹を切って学ぶことが何よりも重要だと思います。逆に、自腹を切って学ぼうとしないと、必死に勉強する気概は生まれませんし、何を学んでも結局は身に付かずに終わると考えたほうが賢明です。
ともあれ、エンジニアであれば、20代が技術知識を深める絶好期で、情報の収集や自身へのインプットをしっかり行うべきです。また、30代になるとインプットとアウトプットの双方を求められる場面が増えてきます。その際には、技術力に磨きをかけるのと併せて、自分のかかわっている技術がどれほど素晴らしいかを、しっかりと表現できるようになることが大切です。そして、40代になると、アウトプットが中心になっていくのです。
— 若い時にコーディングの経験を積んでおくことで、優秀なアーキテクトになるための土台が築かれ、また、「テクノロジーの目利き」としての能力も高められるとされています。そうなれば、経営判断の一翼を担えるようにもなりますね。
そのとおりです。ですから、若いエンジニアに対しては、「フォーカスすべきは、製品ではなく技術」と教えています。製品は会社の所有物ですが、技術は業界の所有物。なので、技術にフォーカスを絞ったほうが転職にも有利なんです。
— ご自身では自己への投資をどのように行ってきたのですか。
20代前半から、お金を惜しまず自己投資を行ってきました。例えば、いろいろな技術書を買って読みまくりましたし、カンファレンスや勉強会にも数多く参加しました。ITの新製品・サービスについては、誰よりも先に購入することを心がけていましたね。もちろん、ときには、ひどい出来の製品をつかまされたりもしましたが、それでも「あの製品は、本当にお粗末だった」と話のネタは作れます。その意味で、どの投資も決して無駄ではなかったと言えます。
— そうした投資と努力の積み重ねが、エバンジェリストとして活躍するための下地を作ったわけですね。
そのとおりです。私が経営者からの信頼を得ることができた最大の理由も、エンジニアとしての積み重ねがあったからです。技術の質問にも即答できましたし、競合との比較やコストの概算についても、すぐに答えが出せたんです。
— とはいえ、知識がエバンジェリストのすべてではないと考えますが。
そう、知識にプラスして「こだわり」や「愛情」も欠かせません。本気でエバンジェリストを目指すのであれば、勉強を重ねたうえで、人から「到底、かなわない」と思わせるほどの愛情やこだわりを自分の専門領域に注ぎ込むべきです。
— 技術に対して強い「愛情」や「こだわり」を持つにはどうすればよいのですか。
とにかく、自ら試行錯誤を繰り返すことです。例えば、自分で購入したマシンで自作のプログラムを動かしてみて、思い通りの結果が得られれば、かなりの達成感が得られます。逆に、大失敗をしても、不出来なモノが愛おしく思えてきます。実際、お客様に提供する情報システムにしても、すんなり完成させたものより、お客様と一緒に何日も徹夜して、周囲に頭を下げ、期日を延ばしてもらい、ようやく完成させたシステムほうが、いつまでも心に残り、愛おしく感じるものなんです。技術というのは、そんな不思議な魅力も持っているのです。
— エバンジェリストになるために、さらに成すべきことは何かありますか。
やはり、情報発信です。たとえ、技術力や技術知識の蓄積量が同じでも、情報発信のパワーが大きい人のほうが市場価値は高くなります。また、自分で蓄積してきた技術力・知識の価値を高めるうえでも、それを公に披露して認めてもらうことが大切です。
ちなみに、私のtwitterアカウントのフォロワー数は10万人に達していますが、この数は一夜にして作れるものではありません。継続的に情報を発信してきたからこその結果なのです。最近では、ソーシャルメディアやWebの発達・普及で、情報発信がかなり楽になっています。もし、エバンジェリストになりたい、IT業界での自身のプレゼンスを高めたいとお考えなら、情報発信力を高めることに力を注いでみてはいかがでしょうか。
>第2回 エンジニアの新たなロールモデルを自ら創る
エンジニアの新たなロールモデルを自ら創る 第2回 - ナレッジワーカーラボ
執行役員までのぼりつめた日本マイクロソフトのエヴァンジェリスト 西脇資哲氏に、エンジニアとして追求してきたキャリアについて聞いたインタビュー
良き経営者に恵まれたから今の自分がある
—  西脇さんは、役員の肩書きをお持ちですが、直属の部下はなし。会社の役員としてはかなり異色ですね。
私もそう思いますよ(笑)。会社の役員なら、部下がいるのは当たり前で、人・組織のマネジメントにも携わっているのが普通です。ところが私の場合は、直属の部下はゼロ。かなり異色の役員に見えるはずです。ただし、お客様が私に期待しているのは、「マネジメントの西脇」ではなくて、「エンジニアの西脇」です。「どの技術が、どんなメリットをもたらすか」を分かりやすく伝えてほしいというのが、私に対するお客様の要求であり、期待なのです。
—  役員には、人材の育成という任務も背負わされると思うのですが。
それに関しては、私と一般的な役員と私は教育・育成の対象は変わらないと考えています。どの会社においても、役員は直属の部下しか教育しない、ということはありません、組織全体の人材育成に力を注ぎます。私の場合は会社組織全体はもちろん、IT業界全体の人材、あるいは、お客様/パートナーも対象になるということです。
— 西脇さんが目標にした方はいますか。
それは、いませんね。特定の個人や上司をロールモデルにすると、視野が狭くなるからです。とはいえ、30代後半にこう言われたことがあります。「西脇さんは、1つの会社のエバンジェリストではなく、業界全体のエバンジェリストになるべきだと思いますよ」と。この言葉は、エバンジェリストとしての今の方向性を決めるいいきっかけを与えてくれましたね。
— 確かに、現在の西脇さんは、IT業界はもとより、IT業界の枠を越えて、さまざまなフィールドで活躍されています。そこまで、幅広い分野で活躍できる能力をなぜ獲得することができたのですか。
最大の理由は、優秀な経営者に恵まれてきたからです。日本オラクルに在籍していたときは、佐野力氏と新宅正明氏が、日本マイクロソフトへ移ると樋口泰行氏が、私の上司。どの方も、私の活動に一定の自由度を持たせてくれましたし、私の主張や意見を柔軟に聞き入れてもくれました。それが活動の幅を広げる原動力になったと考えています。
また、エバンジェリストの醍醐味の1つは、彼らのような優秀な経営者を自分の思うように動かせることなんです。「上司の命令に従って、成果を出して認めてもらう」といった受け身のスタンスでは、エバンジェリストは務まりません。ですから逆に、経営者と厚い信頼関係を築くことが、エバンジェリストにとってとても大切になるんです。
— そうした経営者との信頼関係は、経営者や会社に相応のバリューをもたらさなければ、築くことはできませんよね。
そうだと思いますし、私にはそうしてきたという自負もあります。実際に必要であれば社長をミーティングや会食への同席などをお願いしたり、メディアに露出してもらうこともできます。そんなエバンジェリストの面白さに気づいたのは、30代後半のころでしたね。
>第3回 自腹を切って学んでいますか?(最終回)
【プロフィール】
西脇資哲(にしわき もとあき)日本マイクロソフト 業務執行役員 エヴァンジェリスト
1969年8月18日生まれ、岐阜県出身。業務アプリケーションソフト開発業務、ISPの立ち上げなどを経験した後、日本オラクルに入社。プロダクトマーケティング業務やエバンジェリストを担当。12年間在籍した後、2009年12月にマイクロソフトへ移籍しエヴァンジェリストへ。テクノロジーやプレゼンテーションの講演・執筆にも精力的な活動を展開。マイクロソフトだけでなく、さまざまなテクノロジーに精通する。著書に「エバンジェリスト養成講座 究極のプレゼンハック100」(翔泳社)「エバンジェリストの仕事術 自分の価値を高め、市場で勝ち抜く」(日本実業出版社)
www.kwlabo.com
【プロフィール】
西脇資哲(にしわき もとあき)日本マイクロソフト 業務執行役員 エヴァンジェリスト
1969年8月18日生まれ、岐阜県出身。業務アプリケーションソフト開発業務、ISPの立ち上げなどを経験した後、日本オラクルに入社。プロダクトマーケティング業務やエバンジェリストを担当。12年間在籍した後、2009年12月にマイクロソフトへ移籍しエヴァンジェリストへ。テクノロジーやプレゼンテーションの講演・執筆にも精力的な活動を展開。マイクロソフトだけでなく、さまざまなテクノロジーに精通する。著書に「エバンジェリスト養成講座 究極のプレゼンハック100」(翔泳社)「エバンジェリストの仕事術 自分の価値を高め、市場で勝ち抜く」(日本実業出版社)
www.kwlabo.com
【プロフィール】
西脇資哲(にしわき もとあき)日本マイクロソフト 業務執行役員 エヴァンジェリスト
1969年8月18日生まれ、岐阜県出身。業務アプリケーションソフト開発業務、ISPの立ち上げなどを経験した後、日本オラクルに入社。プロダクトマーケティング業務やエバンジェリストを担当。12年間在籍した後、2009年12月にマイクロソフトへ移籍しエヴァンジェリストへ。テクノロジーやプレゼンテーションの講演・執筆にも精力的な活動を展開。マイクロソフトだけでなく、さまざまなテクノロジーに精通する。著書に「エバンジェリスト養成講座 究極のプレゼンハック100」(翔泳社)「エバンジェリストの仕事術 自分の価値を高め、市場で勝ち抜く」(日本実業出版社)

www.kwlabo.com
画像: エンジニアの新たなロールモデルを自ら作る 第3回 - ナレッジワーカーラボ

エンジニアの新たなロールモデルを自ら作る 第3回 - ナレッジワーカーラボ

自腹を切って学んでいますか?
— 西脇さんのように経営者の参謀のような立場や、業界のインフルエンサーを目指すとすれば、まず何から始めるべきでしょうか。
とにかく勉強に励むことです。特に、若い人ほど自己投資をすることが大切で、自腹を切って学ぶことが何よりも重要だと思います。逆に、自腹を切って学ぼうとしないと、必死に勉強する気概は生まれませんし、何を学んでも結局は身に付かずに終わると考えたほうが賢明です。
ともあれ、エンジニアであれば、20代が技術知識を深める絶好期で、情報の収集や自身へのインプットをしっかり行うべきです。また、30代になるとインプットとアウトプットの双方を求められる場面が増えてきます。その際には、技術力に磨きをかけるのと併せて、自分のかかわっている技術がどれほど素晴らしいかを、しっかりと表現できるようになることが大切です。そして、40代になると、アウトプットが中心になっていくのです。
— 若い時にコーディングの経験を積んでおくことで、優秀なアーキテクトになるための土台が築かれ、また、「テクノロジーの目利き」としての能力も高められるとされています。そうなれば、経営判断の一翼を担えるようにもなりますね。
そのとおりです。ですから、若いエンジニアに対しては、「フォーカスすべきは、製品ではなく技術」と教えています。製品は会社の所有物ですが、技術は業界の所有物。なので、技術にフォーカスを絞ったほうが転職にも有利なんです。
— ご自身では自己への投資をどのように行ってきたのですか。
20代前半から、お金を惜しまず自己投資を行ってきました。例えば、いろいろな技術書を買って読みまくりましたし、カンファレンスや勉強会にも数多く参加しました。ITの新製品・サービスについては、誰よりも先に購入することを心がけていましたね。もちろん、ときには、ひどい出来の製品をつかまされたりもしましたが、それでも「あの製品は、本当にお粗末だった」と話のネタは作れます。その意味で、どの投資も決して無駄ではなかったと言えます。
— そうした投資と努力の積み重ねが、エバンジェリストとして活躍するための下地を作ったわけですね。
そのとおりです。私が経営者からの信頼を得ることができた最大の理由も、エンジニアとしての積み重ねがあったからです。技術の質問にも即答できましたし、競合との比較やコストの概算についても、すぐに答えが出せたんです。
— とはいえ、知識がエバンジェリストのすべてではないと考えますが。
そう、知識にプラスして「こだわり」や「愛情」も欠かせません。本気でエバンジェリストを目指すのであれば、勉強を重ねたうえで、人から「到底、かなわない」と思わせるほどの愛情やこだわりを自分の専門領域に注ぎ込むべきです。
— 技術に対して強い「愛情」や「こだわり」を持つにはどうすればよいのですか。
とにかく、自ら試行錯誤を繰り返すことです。例えば、自分で購入したマシンで自作のプログラムを動かしてみて、思い通りの結果が得られれば、かなりの達成感が得られます。逆に、大失敗をしても、不出来なモノが愛おしく思えてきます。実際、お客様に提供する情報システムにしても、すんなり完成させたものより、お客様と一緒に何日も徹夜して、周囲に頭を下げ、期日を延ばしてもらい、ようやく完成させたシステムほうが、いつまでも心に残り、愛おしく感じるものなんです。技術というのは、そんな不思議な魅力も持っているのです。
— エバンジェリストになるために、さらに成すべきことは何かありますか。
やはり、情報発信です。たとえ、技術力や技術知識の蓄積量が同じでも、情報発信のパワーが大きい人のほうが市場価値は高くなります。また、自分で蓄積してきた技術力・知識の価値を高めるうえでも、それを公に披露して認めてもらうことが大切です。
ちなみに、私のtwitterアカウントのフォロワー数は10万人に達していますが、この数は一夜にして作れるものではありません。継続的に情報を発信してきたからこその結果なのです。最近では、ソーシャルメディアやWebの発達・普及で、情報発信がかなり楽になっています。もし、エバンジェリストになりたい、IT業界での自身のプレゼンスを高めたいとお考えなら、情報発信力を高めることに力を注いでみてはいかがでしょうか。
エンジニアの新たなロールモデルを自ら創る 第1回 - ナレッジワーカーラボ
西脇資哲氏
日本マイクロソフト
業務執行役員 エバンジェリスト
西脇資哲氏は、日本マイクロソト初の業務執行役員でエバンジェリスト(伝道師)。マイクロソフトの全製品・サービスをわかりやすく伝える役割を担う。同氏の卓越したプレゼンテーション能力は、IT業界の枠を越えて多方面から高く評価され、これまでにも幾多の講演・講義をこなしてきた。
果たして、西脇氏は、どのようにして今の自分を築いてきたのか。3回の連載インタビューを通じて、そのサクセスストーリーと背後にある想いに迫る。
すべてのエンジニアが
ビル・ゲイツを目指さなくたっていい
ー 2014年に日本マイクロソフトの役員(業務執行役員)に就任されました。それによって、何か変化はありましたか。
1つは、講演するセミナーの規模です。以前は、小規模な勉強会やセミナーでもお声をかけていただくケースが少なくなかったのですが、最近呼ばれるセミナーは大規模なものが中心。おかげで、時間的な余裕が多少生まれたのですが、小規模な集まりは、最先端の動きをつかむうえでとても良い機会でした。それが減ったのは少し残念です。
もう1つの変化は、仕事でお会いする方の職位が高くなったことです。現在、お客様やパートナー先にお邪魔すると、役員以上の方にご対応いただくことがほとんどです。背後には、相手の職位に応対者のレベルを合わせようとする日本特有の商習慣があるのでしょうが、私にとっては、とてもありがたいことです。
ー  エバンジェリスト専任の役員というのは、日本マイクロソフト初の職位だとお聞きしています。そのキャリア形成について、ご自身ではどう評価されていますか。
従来型のロールモデルの枠組みを超越した、エンジニアの新しいキャリアを切り開いてきたと自負しています。
もちろん、「エンジニアの出世コース」なるものは、以前から存在していました。例えば、プログラマーからスタートして、システムエンジニア(SE)になり、のちにシステムコンサルタント、プリセールスエンジニアへとステップアップしていく、といった流れです。この種の出世コースは、個人的にまったく納得のゆくものではなかったんです。
ー どの辺りが受け入れがたかったのですか。
知識・キャリアの非連続性です。従来型の出世コースを辿ろうとすると、ある段階で、エンジニアとして積み上げてきた知識・経験を捨て去らなければならなくなります。もう少し具体的に言えば、せっかく技術を勉強してきたのに、出世の途中で、いきなり組織・人のマネジメントの勉強を強いられるわけです。
これでは、私のようにマネジメントに興味がなく、ひたすら技術だけを追い求めていたいエンジニアは、出世の道を諦めるしかありません。
ですが、すべてのエンジニアが、アップルのスティーブ・ジョブズやマイクロソフトのビル・ゲイツを目指さなくてもいいはずです。彼らのような経営者になることだけが、エンジニアの最高到達点であるはずはないし、もっと違う未来があってもいい――。私はそう考えていたんです。
ー そうした想いが、エバンジェリストへとつながったと。
そう言えます。実のところ、大抵のエンジニアが、30代前半に最初の転機を迎えるんです。つまり、この時期になると昇進や昇格、異動に悩んだり、友人との給料に差が出てきたり、転職も考えるわけです、さらには、家族ができたり、社会的責任が重くなったり、して、ロールチェンジや立場をしっかりと意識するようになるわけです。
そんな時期に、私はあくまでもエンジニアとしての資質を活かすことにこだわった。つまり、エンジニアとしての知識を積み重ねながら、40代、50代、そして60代のリタイア後も一線で活用したいと考え、そのための働き方を追求してきたんです。その結果として、現在の自分があるということです。
私は今の職場で、エバンジェリストとプリセールス、そしてコンサルタントの役割を果たしています。その中で、エバンジェリストは技術的な知識が絶対に必要とされる職務です。それは、エンジニアの延長線上にあるもので、自分にとって、ごく自然にたどり着いたキャリアと言えるのです。
>第2回 良き経営者に恵まれたから今の自分がある
【プロフィール】
西脇資哲(にしわき もとあき)日本マイクロソフト 業務執行役員 エヴァンジェリスト
1969年8月18日生まれ、岐阜県出身。業務アプリケーションソフト開発業務、ISPの立ち上げなどを経験した後、日本オラクルに入社。プロダクトマーケティング業務やエバンジェリストを担当。12年間在籍した後、2009年12月にマイクロソフトへ移籍しエヴァンジェリストへ。テクノロジーやプレゼンテーションの講演・執筆にも精力的な活動を展開。マイクロソフトだけでなく、さまざまなテクノロジーに精通する。著書に「エバンジェリスト養成講座 究極のプレゼンハック100」(翔泳社)「エバンジェリストの仕事術 自分の価値を高め、市場で勝ち抜く」(日本実業出版社)
www.kwlabo.com
エンジニアの新たなロールモデルを自ら創る 第2回 - ナレッジワーカーラボ
執行役員までのぼりつめた日本マイクロソフトのエヴァンジェリスト 西脇資哲氏に、エンジニアとして追求してきたキャリアについて聞いたインタビュー
良き経営者に恵まれたから今の自分がある
—  西脇さんは、役員の肩書きをお持ちですが、直属の部下はなし。会社の役員としてはかなり異色ですね。
私もそう思いますよ(笑)。会社の役員なら、部下がいるのは当たり前で、人・組織のマネジメントにも携わっているのが普通です。ところが私の場合は、直属の部下はゼロ。かなり異色の役員に見えるはずです。ただし、お客様が私に期待しているのは、「マネジメントの西脇」ではなくて、「エンジニアの西脇」です。「どの技術が、どんなメリットをもたらすか」を分かりやすく伝えてほしいというのが、私に対するお客様の要求であり、期待なのです。
—  役員には、人材の育成という任務も背負わされると思うのですが。
それに関しては、私と一般的な役員と私は教育・育成の対象は変わらないと考えています。どの会社においても、役員は直属の部下しか教育しない、ということはありません、組織全体の人材育成に力を注ぎます。私の場合は会社組織全体はもちろん、IT業界全体の人材、あるいは、お客様/パートナーも対象になるということです。
— 西脇さんが目標にした方はいますか。
それは、いませんね。特定の個人や上司をロールモデルにすると、視野が狭くなるからです。とはいえ、30代後半にこう言われたことがあります。「西脇さんは、1つの会社のエバンジェリストではなく、業界全体のエバンジェリストになるべきだと思いますよ」と。この言葉は、エバンジェリストとしての今の方向性を決めるいいきっかけを与えてくれましたね。
— 確かに、現在の西脇さんは、IT業界はもとより、IT業界の枠を越えて、さまざまなフィールドで活躍されています。そこまで、幅広い分野で活躍できる能力をなぜ獲得することができたのですか。
最大の理由は、優秀な経営者に恵まれてきたからです。日本オラクルに在籍していたときは、佐野力氏と新宅正明氏が、日本マイクロソフトへ移ると樋口泰行氏が、私の上司。どの方も、私の活動に一定の自由度を持たせてくれましたし、私の主張や意見を柔軟に聞き入れてもくれました。それが活動の幅を広げる原動力になったと考えています。
また、エバンジェリストの醍醐味の1つは、彼らのような優秀な経営者を自分の思うように動かせることなんです。「上司の命令に従って、成果を出して認めてもらう」といった受け身のスタンスでは、エバンジェリストは務まりません。ですから逆に、経営者と厚い信頼関係を築くことが、エバンジェリストにとってとても大切になるんです。
— そうした経営者との信頼関係は、経営者や会社に相応のバリューをもたらさなければ、築くことはできませんよね。
そうだと思いますし、私にはそうしてきたという自負もあります。実際に必要であれば社長をミーティングや会食への同席などをお願いしたり、メディアに露出してもらうこともできます。そんなエバンジェリストの面白さに気づいたのは、30代後半のころでしたね。
>第3回 自腹を切って学んでいますか?(最終回)
【プロフィール】
西脇資哲(にしわき もとあき)日本マイクロソフト 業務執行役員 エヴァンジェリスト
1969年8月18日生まれ、岐阜県出身。業務アプリケーションソフト開発業務、ISPの立ち上げなどを経験した後、日本オラクルに入社。プロダクトマーケティング業務やエバンジェリストを担当。12年間在籍した後、2009年12月にマイクロソフトへ移籍しエヴァンジェリストへ。テクノロジーやプレゼンテーションの講演・執筆にも精力的な活動を展開。マイクロソフトだけでなく、さまざまなテクノロジーに精通する。著書に「エバンジェリスト養成講座 究極のプレゼンハック100」(翔泳社)「エバンジェリストの仕事術 自分の価値を高め、市場で勝ち抜く」(日本実業出版社)
www.kwlabo.com
【プロフィール】
西脇資哲(にしわき もとあき)日本マイクロソフト 業務執行役員 エヴァンジェリスト
1969年8月18日生まれ、岐阜県出身。業務アプリケーションソフト開発業務、ISPの立ち上げなどを経験した後、日本オラクルに入社。プロダクトマーケティング業務やエバンジェリストを担当。12年間在籍した後、2009年12月にマイクロソフトへ移籍しエヴァンジェリストへ。テクノロジーやプレゼンテーションの講演・執筆にも精力的な活動を展開。マイクロソフトだけでなく、さまざまなテクノロジーに精通する。著書に「エバンジェリスト養成講座 究極のプレゼンハック100」(翔泳社)「エバンジェリストの仕事術 自分の価値を高め、市場で勝ち抜く」(日本実業出版社)

www.kwlabo.com

【プロフィール】
西脇資哲(にしわき もとあき)日本マイクロソフト 業務執行役員 エヴァンジェリスト

1969年8月18日生まれ、岐阜県出身。業務アプリケーションソフト開発業務、ISPの立ち上げなどを経験した後、日本オラクルに入社。プロダクトマーケティング業務やエバンジェリストを担当。12年間在籍した後、2009年12月にマイクロソフトへ移籍しエヴァンジェリストへ。テクノロジーやプレゼンテーションの講演・執筆にも精力的な活動を展開。マイクロソフトだけでなく、さまざまなテクノロジーに精通する。著書に「エバンジェリスト養成講座 究極のプレゼンハック100」(翔泳社)「エバンジェリストの仕事術 自分の価値を高め、市場で勝ち抜く」(日本実業出版社)

This article is a sponsored article by
''.